top of page

イラン大統領選挙


改革派のペゼシュキアン氏が長年続いた保守強硬派を抑えて

大統領選挙に勝利しました。

欧米融和策を取る穏健派と言われていますが、当選演説で

最高指導者ハメネイ師の意向を汲んでレバノンのヒズボラを

支援するなどイランの多くの国民の望む真の改革派では

ありません。本当の改革派の候補は ハメネイによって

大統領選挙から排除されているのです。

国民がこの選挙に期待していない事は 選挙の投票率49%が

物語っています。

大統領が誰がなろうと、最高指導者ハメネイ師が替わらない限り

国は変わらないのです。

国民の80%は現在の体制に反対なのです。 

閲覧数:8回

Comments


bottom of page