【ブログ】最近の中国事情

深圳から中国人の友人が日本にやって来ました。

ここ一年あまり誰も来なかったので驚きました。

成田で二週間の隔離生活を終え、東京に着いたそうです。


もともと日本の永住権を持っており、今までは毎月日本と中国を行き来して、医療ツーリズムの仕事をしていました。

中国から日本に来ることができなくなり、仕事はゼロの状態です。

日本に来れなくて亡くなった人も多いそうです。

今回は、これまで日本で治療を受けた10人ほどの薬をもらうのも、大事な仕事の一つとのことでした。


ワクチンは中国で打ってきましたが、成田のホテルでも日を空けて2回のPCR検査をして陰性を確認して、やっと東京に来ました。

中国のいろいろな人から頼まれて、いろいろな仕事を持ってきました。

どうしても、ZOOMなどの非対面の話では済まないことも多いのだそうです。


中国では、日本と反対で60歳以下の人のワクチン接種を優先しているので、彼も早い時期に接種を済ませています。

中国は強制的なコロナ対策を徹底していて、マスクなしでも街を歩くことができますが、どこに行くにもスマホのワクチン接種証明の提示を求められるそうです。


コロナを抑え込んだといっても経済に対する影響は甚大で、秋葉原の何倍も大きな深圳の電気街も閑古鳥が鳴いているようです。

最大のお客であった外国人バイヤーが来ないので、半分くらいの店が閉まっているそうです。

輸出が絶好調と聞いていましたので、電気街も客で溢れているかと思ったのですが、まったく違うようです。


深圳とのビジネスで私たちにとって問題なのは…

  • 半導体不足に端を発した電子部品不足で、納期が1.5倍ほどかかるようになったこと

  • 部品不足とアメリカの需要の急増で、価格が2~3割上昇していること

  • 飛行機の運賃が2~3倍に値上り、コンテナも値上りしていること

  • 米中経済戦争のため、中国税関の通関に時間がかかるようになったこと

コロナによって、いろいろな問題が起きて困ります。


29回の閲覧