【ブログ】重信房子の出所に思う

5月28日、日本赤軍の元最高幹部、重信房子が20年の刑期満了で出所した。

彼女と私は明治大学の同学年で、彼女が共産主義者同盟(ブント)の幹部なのに対し、私は一般学生の多くが参加していた「ベトナムに平和を市民連合」ベ平連のノンポリでした。

学内でメガホンでガ鳴りあっても、彼女のアジ演説にはまったく歯が立たちません。

中核、社青同、民青など、誰がどの派か分からず、若い熱にうなされ、多くの学生が命がけだと思ってやっていました。

ウチゲバで、学内で死人も出ました。

お茶の水駅前の明大通りを「カルチエラタン」と称して占拠、そこに最強の警視庁第7機動隊が突入。

負け戦で、一般学生は仲間を蹴倒して逃げました。

恐怖に駆られて逃げる学生により、一挙にバリケードが壊滅。

足を負傷して血だらけになっていても、誰も助けてくれません。

機動隊のこん棒が、あんなにも固くて痛いとは知らなかった、、、。

近くの三楽病院に収容され手当てを受け、裏口から逃げようとしましたが、すぐ捕まって淀橋警察(現新宿警察署)に護送され、板敷の留置所で一晩を過ごしました。

翌朝、お腹が空いて目が覚めました。

アルミボール一杯のお粥が出たのですが、それがなんとすごく旨い!

私が「お代わりお願いします!」と言うと「バカ!出るわけないだろう!」。

でも、そのあと全員にコッペパンを配ってくれました。

重信房子が逮捕されたとき、熱病にうなされていた青春の1ページが確実に終わった、、、と思いました。

彼女が刑期を終えて出所したのを新聞で見て、ゲバ棒を持った彼女の姿が目に浮かび、切ない思いに襲われます。

普通の真面目な女子大生が、どうしてこんな過酷な人生を送ることになったのだろう?

救いは、立派な娘さんがいることだ。



閲覧数:35回