【ブログ】戦争の経験

生まれてから今まで、戦争はテレビの中にあり、私自身に現実の戦争体験はありません。

戦争を心に刻むできごとを、韓国とイランで経験しました。

 

韓国でのこと、、、


ずいぶん前のことです。

昼間に突然サイレンが鳴って、防空訓練が国中で始まりました。

街を歩いていた人たち全員が地下街に避難しました。

国民を鼓舞するように国歌が鳴り響いて、30分程度で訓練は終わり、日常が戻りました。

北朝鮮のミサイルが10分でソウルに着弾する準戦時下の緊迫感を感じました。

 

イランでのこと、、、


1980年から1988年まで、イラン・イラク戦争が起きていました。

私は1988年に、イランの首都テヘランに行きました。

街中の所どころでミサイルが着弾した直径50mほどの穴を見かけました。

政府関係者の案内で、1,000人ほどの傷病兵が入院している傷病兵治療施設を訪問しました。

入院用のガウンを着ているため、どんな負傷をしているのか明確には分からないのですが、手や足を失った人がこんなに多いのかと衝撃を受けました。

さらにショックだったのは、顔の半分が吹き飛ばされた若い兵士の姿でした。

顔の半分の笑顔があまりに悲しく、思わず涙がこぼれました。

人間が人間を傷つけ殺す地獄の惨劇の結果を目にして、どうしてこんなことをができるのか、暗い闇に落ち込む思いでした。

兵士たちは重い傷を一生抱えて生きていくのかと思うと、あまりに気の毒で息をするのも苦しく感じました。

切断された足や手が、痛みを伴って何十年も動くのです。

 

ウクライナの戦場で今、同じ悲しみが発生しています。

このような悲惨な状態を一刻も早く終わらせなければなりません。



閲覧数:11回