top of page

【ブログ】レアアース・レアメタル

更新日:2023年1月25日



日本のハイテク産業を支えるレアアース。地層が新しい日本には、鉱業化できる鉱山はありません。東京から1,800kmの南鳥島の深海底に大量のレアアース泥が見つかったことは喜ばしいことですが、深度5,000〜6,000mの海底から引き揚げられる採算性のある技術は、まだ確立されていません。


今、世界シェアの90%ほどを持っている中国も重レアアースでは不足分をミャンマーから輸入しています。

ミャンマーと中国の国境近くで採掘されるレアアースは中国から来るトラックに積んで運ばれます。

買い手は中国だけなので、価格の決定は中国主導です。

ミャンマーは日本にぜひ買って欲しい希望はあるのですが、日本には買う企業がない。

なぜなら、日本にはレアアースの精錬設備がないのです。


日本だけでなく、先進国にはレアアースの精錬設備がないのです。

その大きな理由は2つ


1) レアアースの採掘には公害が付きもの

2) 同時に採掘される放射性レアアース、トリウムの処理が困難


先進国ではこの2つの問題を危惧して、精錬設備を設けてきませんでした。

中国だけがこれらを垂れ流しの状態で、シェアのほとんどを確保したのです。

当社に高品質のイオン吸着鉱2,000トンの売り込みがありました。

経産省や大手企業に紹介したのですが、どこも手を出しません。

国内に精錬施設ができるまで、どこもやりようがないのです。


結局、中国に買われてしまいました。

残念ながら、当分の間は中国独占の状態が続きそうです。



閲覧数:70回

Comments


bottom of page