【ブログ】コロナと物流



コロナの影響で中国と世界各国、特に香港、深圳と、アメリカ、ヨーロッパを結ぶ航空・海運とも運賃が高騰しています。

コンテナの場合、従来の運賃の5倍にもなっているそうですが、それでも便が予約できない事態になっているようです。

香港、深圳、珠海、マカオあたりは中国の旧正月の影響で内航船が止まっており、さらに酷い状態になっています。


私どもが香港、深圳から入れる荷物も時間が倍以上かかって、運賃も倍になって、踏んだり蹴ったりです。

FedexやDHLはエコノミー便を中止して、高い料金を強制しています。

中国のSF Expressというクーリエが比較的安いので、お困りの方はお試しください。

EMSはこの時期でも安いですが遅いです。


中国はコロナ前の状態に経済が回復し、特に香港、深圳は活況を呈していて、工員に割り増し賃金を払って、旧正月中も休まず稼働させている工場も少なくありません。

多くの工場が休みを短くしています。


この時期の製品は注文に生産が間に合わないため、手抜きをして品質が落ちています。

出荷検査せずに出しているのでは?と思われるほどです、、


日本はまだ良いのですが、アメリカ、オーストラリア、イギリスなど、中国と政治的な問題がある国の通関を意図的に遅らせていて、深圳の税関には荷物が山積みになっている、、という話も。


私どもの輸入・輸出とも、特に半導体やメモリーは高騰していて、買い付けに苦労しています。

日本のキャラクター製品も中国での値段が上がっています。

以前は中国市場はコピー品だけでしたが、最近は本物を買う人が増えています。

日本製が人気を集めていることは、うれしいことです。



20回の閲覧